その作家が社会と資料の両方を睨んで、生前に会ったのは一度だけという文学上の師匠と向き合う